2006年12月18日

世界まる見え!テレビ特捜部(7)

 今日(12月18日)の「世界まる見え! テレビ特捜部」で放送された「アニマル・フェイスオフ」シリーズの「ゴリラ対ヒョウ」は、私が翻訳しました。(^^;

 このシリーズは、「まる見え」の中でもかなり評判が良いらしくて、既に何本も放送されていますが、私が訳したのは今回が初めてでした。
 ちなみに、納品したのは3カ月近く前だったので、ひょっとしてボツになったのかと思っていましたが、今年最後の「まる見え」で、無事に放送されました。(^^;

 今日の放送では、"MountainGorila" という文字が2回も画面に出ましたが、正しいスペルは "mountain gorilla" です。大文字を使うのは構いませんが、"l" を1個にしてはいけません。(X_X)
 もちろん、オリジナル版にそんなミスはなく、間違えたのは日本の番組製作会社か日本テレビです。(^^;

 ついでに。
 番組では、実験用に製作した機械仕掛けのヒョウやゴリラのことを「ヒョウマシン・マックス」とか「ハイパーコング1号」「ハイパーコング2号」と呼んでいましたが、英語の原文では単に「メカニカル・レパード」「メカニカル・ゴリラ」等と呼んでいました。(^^;
 まあ、このくらいのことは、やっても構わないですが。(^^;

 ちなみに、私が納品した原稿の訳は、普通に「ヒョウ・マシン」「ゴリラ・マシン」でした。(^^;


[放送でカットされていた部分に出てきた小ネタ(^^;]
・ヒョウは、ゴリラと違って夜目が利く。
 今日の番組で、対決が夜になっていた理由は、その点でヒョウが有利になるようにするため。

・若いゴリラやメスのゴリラは夜、木の上で眠るが、大人のオスの大きなマウンテンゴリラは地面で寝る。
 これは、襲ってきても勝てる相手がいないかららしい。

・番組ではゲストの方達が、「もう少し頭の良いヒョウなら勝ってたかも知れない」とコメントしてましたが、普通、ヒョウはそもそも、大人のオスのマウンテンゴリラのような強敵を襲うような危険なマネはしないらしいです。
 そこで、オリジナル版では、

 「家族を森の中に残して来た大きなオスのマウンテンゴリラが、今夜寝る場所を探して歩いている。そして偶然、ヒョウの棲み家の近くに来てしまった。ヒョウは子供たちをその棲み家に隠れさせ、ゴリラを待ち構えた。もし彼らが、自分たちの家族が危険に晒されていると考えれば、ヒョウもゴリラも、死力を尽くして戦うことになるであろう」

 という、若干強引なシナリオを作って、2頭を戦わせる形にしていました。(^^;
posted by よし at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 映像翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何も知らないのですね。ゴリラに天敵がいなということはありません。ゴリラの天敵は、ズバリ、ヒョウです。現にアフリカの奥地でゴリラが黒ヒョウに相当数捕食されてるのが目撃観察されてます従がってあのシュミレートはでたらめです。ゴリラはそれほど強くなくゴリラ=キングコングをイメージする人間の勝手妄想です。見ていてあまりのでたらめさに腹立ちました
Posted by ヒョウ派 at 2006年12月21日 21:26
「まる見え」を毎週見てる人には、「アニマル・フェイスオフ」が純粋な意味でのシミュレーションをやってないことくらい明らかだと思うけど。
「この展開はどうかな?」って思うことは前にも何度もあったし、その辺でゲストに突っ込みを入れられていることもあったし。
まあ、大抵の人は(番組に出ているゲスト達のように)笑って済ませてると思うけど、腹が立つ人は居るだろうし、それを咎める気も毛頭ないですが。
Posted by よし at 2006年12月22日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック